神取 忍さん
( 女子プロレスラー )
毛利高明さん
( 霊能者 )
   
 
   
新年明けましておめでとうございます!



 【第17回】 2002年1月掲載用

  《今月は、女子プロレスラーとして大活躍の神取忍さと、
   先月に引き続いて超能力ブームの火付け役だった毛利高明さんをお迎えします。
   精神的な心霊現象について語っていただきました》


 ●精神的心霊現象

     前月、物理的心霊現象と言うテーマでしたが、
        物理的と精神的ではどういう違いがあるのでしょうか?



丹波 全然違う。物理的心霊現象というのは(比較して)それ程数はない。精神的の方は、無限と言って良い。だが、物理的と精神的というように、区別すること自体がおかしい。

神取 判りやすく目に見えるものと、見えないもの…。

丹波
 まあ、そう言うふうに解釈しても良いかな、当然目に見えない現象の方が、規模や数は大変なものだね。

毛利
 正にその通りだと思います。やはり目では見えない様々な霊がおります。

神取 一番判りやすいものは、どう言う事ですか?


  ○心霊治療

丹波
 霊の世界。霊力だね。まあ、皆さんが一番身近にそれを感じ、本当に感謝するのは霊治療だろうね。
 医学というのは大変な進歩をしている。でも限界がある。体に欠陥を持っている者、特に癌系統は完璧な治療は出来ない。でも、治っている者は沢山います。
 癌が消えちゃうのではなく、小さく干しぶどう的に固まっているんだ。それでいて、ピンシャンしている。抗ガン剤の力じゃない。

神取
 でも、癌が治ると言うことはないでしょう。

丹波 ところが、実際に社会復帰している者がいる。何故? と言うことになると、霊パワーしかない。

神取 医学ではお手上げ状態の患者さんですね。

丹波 そうです。

神取 その様な方が毛利さんの所に沢山集ってくるんですか?

毛利
 医学の力では何うし様もないと、さじ投げられた様な方が沢山居られます。
 その方々の生命体に、今仰った霊パワー、私は宇宙エネルギーと申すんですが、同じ様なものだと思います。そういうものを、その人の生命体、魂の部分にお入れすることで、十分元気になられたと言う方が沢山居られますね。

神取 えっ、それじゃあ宇宙のエネルギーですか?。

毛利 呼び方は何とするかは…私はそう言う表現と言うことです。まあ、現実に見えない現象と言う事です。

神取 病気は医学ですとレントゲンを撮ったり、CTを撮ったりしますよね。毛利さんは、症状をどの様に御覧になるのですか。

毛利 その方を診ようとするときに、その方の目であったり口であったり胃であったりするものが、私達の中に、生命体と云う形で入っているわけです。その生命体を視るわけですが、やはり悪い所は赤く見えていたりだとか、やはり腫瘍があると言われる所にはプクッと出来物が見えたりだとか、映像として見えますね。
 相談を受けて、どの様なやり方が適しているか視ながら御祈祷をするわけです。

神取 見えるんですか!

丹波 霊治療をする者と受ける者が、ピッタリ合えば治る。だから全ての癌を治すと云うのではないんだ。

神取 波長みたいなものが有るんですか。

丹波 ようするにピッチャーとキャッチャーなんだ。御縁なんだ。

毛利
 そうです。やはり御縁と言う事になるでしょう。
 神取さんは、霊的な体験は感じられたことはありますか。

神取 金縛りとかそう云う…。以前試合の時に自分の体はリングの上でも、意識が全然違うところに居ると言うことがあって、でも自覚はハッキリ有るんです。


  ○金縛り現象

毛利
(霊的な現象として)金縛りという現象の場合もあるでしょうし、幽体離脱の場合もあるでしょう。しかし、金縛りというのは全て霊的なものかというとそうじゃないんです。単なる不安感によって引き起こされる場合(単なる肉体的けいれん)もあるでしょうし、それこそ霊が取り憑いてそうさせる場合もありますし、それは様々ですね。

丹波 金縛り現象というのは代表的心霊現象。体が悪い訳じゃない。小指一本動かないんだが、これが普通。でも、目は動くんだ。
 でも、俺は経験が無いんだ。(経験者は)霊からの波長を受けやすい人だ。何かを知らせようと言う場合もあるだろう。近寄ってくると云うことは目的があると考えても良い。
 体験者は霊感があると言うよりも、体質と言った方が良いかもしれない。

神取 金縛りにも種類があるのでしょうか。

毛利 以前受けた御相談で、或る時間になると金縛りに遭うと言う人ですが、ひとつ毎日共通点として、違う所に置いたはずの人形が、金縛り後すぐ近くに有るそうなんです。あまりにもおかしいと云うことで、ビデオカメラを人形が映る角度でセットしたそうですが、やっぱり金縛りになって、でも意識はハッキリしているので、「映っているだろうか」と思ったそうです。
 そして人形を見たらやはり移動していたそうなんです。 じゃあ映っているだろうとカメラを再生したら、動いているのが暗い中ですが見えたという…。原因は、私が視たところ人形の中に入っている霊というか念いが、眠っている人に対して訴えていたと、そう言う金縛りもありますね。

丹波 うーん。(否定とも肯定ともつかず)、一般の方の金縛体験談として、亡くなった人が現れて「いつもの通り道を避けろ」と言われたというのがよくありますね、その日は通らなかったが、その後その道で事故があったことが判ったと…。そう言うような結果から見たら、知らせる目的を持って金縛り現象と共に霊が現れたと云う事で、やはり向こうに逝っている者でも、人間界の者に関心が強い場合がある。その場合なんとか守ろうとするんだ。

神取 心霊現象による病気の治療ということについて、もう少し教えて下さい。

毛利 そうですね、やはり一番最初は原因は何かということが大切です。例えば五つの原因というのが私の眼から診てある訳です。
 霊障的なもの。業、つまり生まれ変わりをする中での業。それとも何か御先祖様からのものなのか、内面的な生き方の問題だとか、これは極医学的な体質的なものなのか、この五つです。
 例えば、霊障というのは人に取り憑くと言う場合が有るんですが、土地に念いを残して亡くなった霊が居るんですね。そこの土地に引っ越してきたばかりに、いろんな症状が出て来たという方が少なくないですね。
 或る御相談で、引っ越し先で息子さんが急に女装し出したと云うんです。親が困って御相談に来られたのですが、女性特有の病気で亡くなった人達の霊が沢山見えたんですね。親は無理に「女装なんかやめなさい」と取り押さえると、暴れて暴力を振るうんですね。その様な場合はその要因を取り除かないと根本解決にはなりませんね。それに対して御祈祷をしたら、サーッと去られて今は元気になられましたけれども、不思議な世界、目に見えない世界というものはありますね。

神取 目に見えない世界というのは絶対信じているんですよ。でもハッキリと体験していないから判らないんですけれども、でも何か有るなと思いますね。

毛利 競技の世界にいらっしゃるから、目に見えないものを信じたり縁起を担いだりしますか。

神取 大体自分の限界って判るじゃないですか、体力的にも。その中で試合をやって、ここで勝てたとか、たまたまラッキーだった…、そう言う部分で見えない部分の体験というか、そういうものはあると思います。


 ここで毛利さんの御祈祷による治療を、神取さんに行っていただきました。
         (右膝と腸に気になる点が見つかったようです)



  ○実演 ご祈祷(心霊治療)

毛利 御祈祷と言いましょうか、私は肉体の根本そのものは魂にあると…、その魂を良くすることで自然と良い肉体に戻って行きますと言うことです。そう言う根本的な治療、御祈祷をやりますがやはり御縁でやらさせて頂きます。

毛利 このような治療というのは、心と心のキャッチボールですね。私が一生懸命良くなられるようにと御送りするパワーと、あー、有り難いと受け止める器とのキャッチボールだと思うんですよ。願わぬば適わぬいと言うか、願わないと適わない。一生懸命良くなりたいという念いと、自分が良くなっている姿を思い浮かべ、自分が楽しみにしながら過ごすと言う事も、大切な受け止める器になると私は思います。

丹波 なるほど、そうだね。
 神取さんが常々しているイメージトレーニング(想像による訓練。この場合良い試合運び等の想像・創造)に通じるのでは?

神取 良いイメージは持っていたいなと心掛けはしています。体調によって…自分の体調が悪いとどうしても悪いイメージが浮かんじゃって、それを治そうかなと…それは出来ますか。

毛利 そう言うときでも、試合を受け入れる事が楽しいな、それが苦痛でなく楽しみだと…。

丹波 試合が楽しいんだ。

神取 勿論楽しいですよ。

丹波 少し痩せたんじゃないか。痩せちゃまずいだろう。

神取 そうかもしれません。あと3キロ程増えないと、ベストは75キロです。(身長170臓

丹波 俺と同じだな。 (一同笑い)

毛利 お経の中にも書いてありますけども、やっぱり病気もするし、悩みもするし、色んな出来事を持ちますと。この世は苦の世界ですから。ただ、その苦しみから少しでも這い上がって、良く成して行こう、その道のりも又楽しみですよと。だから、楽しみながら良く成ろう。楽しみながら、苦しい、体調の良くない事を乗り越えよう。そう言う気持ちでやっていただくと、又チョッと違って良いかもしれませんね。

                                    《来月につづく》