戦争断固反対!!

トランプ大統領が就任後初めての外遊で中東のある国から武器の受注を受けたと得意そうに話しているのを見たとき、この人の魂は、一体どこからこの地球に舞い降りてきたのだろうかと思った。 アメリカは、これまでにも増して、戦争を国の発展のために利用しようとしているのだということは、間違いなさそうです。

中東の国のどこの国であっても、武器を永遠に発注するわけにはいかないだろうと思うけれど、トランプの喜ぶさまは、武器を製造することが、アメリカの雇用を産み、国がそのことで潤うと契約を取り付けたことが嬉しくてたまらないようで誇らしいことのように、満面の笑みを浮かべていました。

果たしてアメリカの国民は、自国が製造した武器で他国で多くの人々が殺傷されるのを喜んでみていることに耐えられるでしょうか。 湾岸戦争の時は、実際には、核兵器を保持していないのに保持しているとして攻撃を仕掛け、一般の人も枯葉剤やミサイル攻撃によって尊い命を粉砕されました。 私たちは、まるで他人事のように、テレビで放映されるイラン対イラクの攻撃をまるでゲームのように見ていました。 アメリカの指導の下に始められた戦争でした。

アメリカは、自国の国土は傷めず、出兵した兵士たちが繰り広げる他国の土地での戦いを、当時アメリカ国民は、どのような想いでみていたのでしょうか。

今また北朝鮮をとことん追い込み、元首を暗殺作戦などという訓練を近海で繰り広げられたら、たとえ演習だと言われても、当人にしてみれば、気が気でなくなるのは当たり前で、何もしないで忍耐しろということの方が、無理があるものと思う。 アメリカは、果たして本当に平和を望んでいるのだろうかと、最近は疑問を持つようになった。 北朝鮮が、ミサイル攻撃を始めたなら、やはり周辺国家の中国、韓国、日本はまず最初に危険地域に入ってしまうことはだれの目にも明らかであろう。 同盟国なら正義でもない戦争にも加担しなければならないというのは、間違いではないか。間違っているなら間違いを諭して、回避する方法を提示するなど進言するべきなのではないだろうか。

湾岸戦争は、だれもアメリカの主張に異議を唱えないままで、大規模な戦争へと駆り出されてしまったのである。

しかし、それはアメリカの判断ミスだったことが後でわかった。

多くの命を失ったあの戦争に対して、責任をとれる人はいなかった。

人間としての尊厳を維持するためのDNAさえも破壊して、そののちに産まれた子供たちは、五体揃うどころか、何体も合体された姿で産まれてしまうという悲惨な出来事も起きた。 戦争は、人類が人類を憎み、殺し、自分さえ良ければという最悪な心の状態を維持し続けなければならない行為である。 人間が何のために生まれたかという意味とは、まったく相反する行為である。

憎むこと、殺すことを教育された魂は、簡単には魂の傷は癒されないのであり、憎しみを持ったまま、再生して、殺したくなる衝動を抑えることが大変難しい人生を生きなければならなくなります。

再生するときは、必ずしも前世の国に生まれ変わるとは、限りません。 例えば、アメリカ国民であった魂が、日本に生まれ変わることだってあります。 北朝鮮に生まれ変わることだってあります。

無差別殺人のようなことが、頻繁に起きている要因が、戦争による犠牲者であるということも、否定できません。

人類は、すべてどこの国の人たちであっても同胞です。

助け合わなければならないことになっているのですが、そのことを理解する人が少なすぎます。

現代では、親類であっても、他人のような付き合い方をする人たちが、日本でもかなり多くなっていると感じます。

私事ですが、私の親類たちは、子育てからお互いの子供たちのことを気使います。助け合います。

私も随分と親類の人たちのお世話で生かされてきました。感謝の思いは、きっと未来永劫、私の魂に刻まれていることでしょう。

そのような魂は、生まれ変わったとき、この人生で培われた感謝の思いで他者を助けようという思いが自然に湧いてくるのです。

できることなら、すべての人類が、憎む心や殺したくなる心を持たないで人生を生きていける社会であってほしいと願っています。

— posted by holy at 02:19 am   pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2017.5 >>
SMTWTFS
 123456
789 10111213
14151617181920
2122232425 2627
28293031   
 
T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0125 sec.